このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

労働安全衛生

画像:労働安全衛生

リコーロジスティクスグループでは、安全衛生の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全衛生確保に対する様々な取り組みを行っています。

『物流業務安全マネジメント』を導入

物流業務の安全は、事業経営の最重要課題であり、経営トップから、現場作業員まで、安全が最も重要であることを自覚し、安全の向上に努めています。
企業として物流事業者として、安全活動におけるリコーロジスティクスグループの共通実施内容を明確にし、チェックリスト化。そのセルフチェックリストを活用し、各事業部でチェックを行い、不具合を是正するなど、PDCAを回せる体制としています。

基本方針

  1. リコーロジスティクスグループ各社社長は物流業務における安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全の確保について主導的な役割を果たす。また、全従業員に安全確保が最も重要であるという認識を徹底させる
  2. 安全確保のため、物流業務安全マネジメントを実施し、安全の向上に努める
  3. 安全に関する情報は、積極的にこれを公開する

目標

物流業務(輸送時も含む)における負傷事故ゼロ

「事故ゼロ」をめざして

安全衛生教育・研修体制の整備、全社で取り組む安全運動、優秀ドライバーの表彰を通じ、安全意識の高揚のため、安全衛生確保のためのさまざまな取り組みを行っています。

■安全教育

画像:安全教育

マシン搬送技能講習会

積載・開梱・移動・担ぎ・キャリーアップ取り扱い方法等について実技訓練中心に実施。
各事業所ごとに定期的に実施しています。

画像:マシン配送高度技能者認定制度

マシン配送高度技能者認定制度

制度導入の目的

  1. マシン搬送業務のサービス品質基準を設けることで、品質レベルを向上させます。
  2. ドライバーのスキルアップを顕彰して本人のやる気を高めると共に、関係者や周囲への良い影響力の発揮を促します。

評価基準は、過去1年以内に、以下に関する事故・クレームの発生が0件であることが条件です。

  1. 積載作業
  2. 駐車・荷卸し・開梱作業
  3. 養生作業
  4. 階段作業

そして、所属長による「日常態度・マナー、責任感」の評価が高かったドライバーが「マシン配送高度技能者認定ドライバー」として認定されます。

画像:運転適正診断

運転適正診断

適性診断用の専用車両で、音声ガイドによる「運転適性診断」を行っています。
速度見越し、重複作業、処置判断の3つの側面から判定。スピードの予測にむらがないか、与えられた条件での動作を正確に行えるか、どれだけ正確に障害物を通過したか、など運転の傾向を分析しています。

画像:フォークリフト安全運転講習会

フォークリフト安全運転講習会

フォークリフトの基本操作・特性、事故防止策や、始業点検の実施項目などを学びます。 講習会は各事業所ごとに定期的に実施しています。

画像:職場パトロール

職場パトロール

職場環境・安全(5S+S)・環境・情報セキュリティの4つの視点での定期的にセルフチェックを実施しています。不適合が発見された場合には、社内掲示板へ掲示することで、全従業者の巻き込みと是正内容の共有化を図っています。

■消防訓練

画像:消防訓練

各事業所ごとに年に1回以上実施しています。また、「普通救命救急講習会」に参加し、応急手当の基礎知識や心肺蘇生法の手順、AEDを用いた応急処置なども学んでいます。

■表彰

画像:Gマークステッカー

トラック安全性優良事業所認定(Gマーク)

リコーロジスティクスグループでは、安全性優良事業所認定制度の認定取得を積極的に行っています。2017年3月期末時点で、21拠点が社団法人全日本トラック協会から認定を受けています。

活動の基本は“5S”

画像:5S
5S確認会の様子

リコーロジスティクスグループでは、お客様の 「不満足の解消から満足、感動へ」をキーワードとして、感動獲得のベースとなる「ルールを守る組織風土・文化醸成」に向けて5S活動を行っています。

  • 5Sとは、整理・整頓・清掃・清潔・躾を指します。

カラーユニバーサルデザイン(CUD)活動

リコーロジスティクスグループでは、“社員が安心して働ける職場”づくりを目指し、カラーユニバーサルデザイン(CUD)活動を展開しています。
リコーロジスティクスグループのCUD活動の狙いは、「社員が安心して働ける職場づくり」。人命に関わる、または事故を誘発する危険のある掲示物をCUDに配慮したものに張り替えています。CUD活動推進を通じ「人にやさしい」企業を目指しています。

画像:CUD活動

重要なことは、「色の使い方にひと工夫」すること。
色を使用する際には、その色が本当に必要か、必要以上に色を使用していないか、伝えるべき情報が色に埋もれていないかなどを考えながら使用しています。1人ひとりが「色の使い方にひと工夫」することで、多様な色覚を持つ方々への使いやすさのみならず、見やすいデザインになるよう、これからも努めてまいります。