このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

企業の森活動レポート

第7回~樹木も人も共に成長~

実施日 2017年9月9日
活動内容 森の成長観察、五感体感
参加人数 43名(社員とそのご家族)
画像:集合写真
画像:活動風景1

川辺で御岳の自然への理解を深めました

画像:活動風景2

企業の森の活動は「人づくり」の場でもあります。離れた事業所同士のメンバーの交流も深めていきました。

見守りの活動がスタート

リコーロジスティクスの森は、「樹木の成長を助ける期間」(2011年~2016年)から「樹木の成長を見守る期間」(2017年~2019年)へ移行し、新たなステージに入りました。
2017年から2019年は「樹木の成長を見守る」期間。植樹や下草刈りなどの手を入れることはありませんが、2016年までに植樹した樹木の成長を確認してゆく時期になります。
2012年に植樹した樹木の高さは4mから5mまでに達し、当日の活動では、参加者はその成長ぶりを目に焼き付けました。これまでの活動が実を結んだと実感しながら、感慨もひとしおという時間を過ごしました。

企業の森の活動にプラスして

今まで、植樹、下草刈りなど、樹木の成長を助ける活動に注力してきましたが、周辺の自然環境に目を向ける機会が少ない状況でした。
今回の活動では、企業の森を取り巻く周辺環境にも目を向け、どのような森林保全が必要なのかを考えるための活動を併催。樹木に関する知識、御岳の自然環境の理解を深めるための五感(視覚・触覚・嗅覚・聴覚・味覚)を使用したツアーを実施しました。
御岳地区を散策し、誰もが「水、植物、木などの自然に支えられている」ことを感じながら御岳地区を散策。参加者は自然の楽しさ、面白さ、癒しなどを感じ、日常では味わえないうるおいを取り戻しました。