このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

お知らせ

リコーロジスティクスがAEO制度における特定保税承認を取得

2014年12月13日

画像:授与式にて

12月10日に実施された承認書授与式にて。
(左から)リコーロジスティクス株式会社 代表取締役 社長執行役員 若松 勝久、東京税関 税関長 青木 一郎様。

 リコーロジスティクスが11月19日付けで、東京税関より、AEO制度 特定保税承認者承認を取得しました。今後は、国際ロジスティクスセンター(神奈川県横浜市)を「特定保税蔵置場」として運営し、より一層セキュリティーの整ったサプライチェーンの提供を行っていきます。

 AEO制度は、貨物のセキュリティー管理と法令順守の体制が整備された事業者に与えられる税関制度の1つで、税関手続きの緩和や簡素化が実施される制度です。
 この制度は、2001年アメリカ同時多発テロ以降、国際物流におけるセキュリティー確保と効率化の両立が国際的な課題となったことに端を発し、世界税関機構(WCO)が採択したSAFE「基準の枠組み」において制度の指針が定められ、アメリカを始めとした世界各国で同様の制度が導入されています。
 AEO制度の承認を受けることで、高コンプライアンス・高品質・高セキュリティーの企業として広く認められると共に、諸手続きの緩和などにより、リードタイムが短縮になるなど、お客様へ提供できるサービスの質も向上します。

 リコーロジスティクスは、国際物流事業を始めとして全ての物流事業において、高品質で、お客様の信頼にお応えできるサービスを提供していきます。