このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

お知らせ

全日本物流改善事例大会(最終日)でリコーロジスティクスグループが事例を発表

2015年05月23日

画像:大会の様子

 リコーロジスティクスが5月19日、日本ロジスティクスシステム協会(JILS)様が主催する全日本物流改善事例大会2015(最終日)で、事例発表を行いました。

 同発表会は、物流事業者が優れた物流改善事例を発表し合い、業界全体の品質向上を目的に開催されています。本年度の大会は4月21日にも開催され、優れた改善事例として選出された30事例が、2日間を掛けて発表されました。リコーロジスティクスは両日共に事例を発表し、合計3事例を講演しています。

 5月19日の発表会では、テーマ名「製品(プリンター)空き箱の分別作業工程見直しによる生産性向上」として、動線や特定作業の無駄を省き生産性を向上させた事例を共有。他企業のテーマと共に「すぐにでも水平展開が可能な好事例である」と、大会講評者よりコメントをいただきました。

 リコーロジスティクスグループは今後も、物流業界の品質向上に寄与できる企業であり続けるために、改善活動に取り組んでいきます。