このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

お知らせ

技術と技能の伝承基点「リコーロジスティクスグループ トレーニングセンター」を開所

2015年08月20日

トレーニングセンター

(上)開所を迎えた「リコーロジスティクスグ
ループ(RLC-G) トレーニングセンター」
(下)床面に傷を付けずに搬送する技法習得
用に設置された3種類の床。左からフロー
リング、大理石、カーペット。

クレーン作業

窓から搬入出を行うためのクレーン作業訓練

 リコーロジスティクスは8月19日、物流センター京浜島に「リコーロジスティクスグループ トレーニングセンター」をオープン。開所式を行いました。

 トレーニングセンターは、複合機を搬入出する際に想定される状況を再現した施設で、搬送技術と技能の習得、深化のために開設しました。作業に従事する従業員の技術習得の場であると共に、高品質な物流を提供するための新たな物流作業技術を開拓する実験の場としての役割を担っていきます。

 センターは、講習エリア、実技訓練エリア、展示エリアの3エリアで構成。
 講習エリアは、講義を主体とした勉強会を開催でき、最大30名を収容できます。
 実技訓練エリアは、同センターの中心となるエリアで、実際に複合機を用いながら、実務で活かすことのできる搬送技術と技能の習得が可能となっています。実技訓練エリアには、一般的なオフィスを再現したシミュレーションオフィス、2階建て以上のお客様に搬送するために必要となる階段担ぎマット作業訓練を行うための壁幅可変式の階段、ラッシング商品固定作業訓練スペースなどを用意し、あらゆる状況に対応できるノウハウを学ぶことができます。
 展示エリアには、物流で必要となる資材を陳列。学習者が適切な資材を用いて搬送できるように、多種多様な用品を展示しています。

 リコーロジスティクスグループは同センターを用いて、従業員の技術と技能を高め、物流品質の更なる向上を図っていきます。また、教育や訓練という「伝承」活動を通じ、これまで培ってきた優れた技術と技能を絶やさないよう一層努めていきます。  

 

【トレーニングセンター概要】
・住所 東京都大田区京浜島1-2-6
     リコーロジスティクス 物流センター京浜島内
・センター面積 505m²(153坪)