このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

お知らせ

リコーグループ西日本のリサイクル事業大型拠点 新・関西リサイクルセンターオープン

2015年10月22日

画像:関西リサイクルセンターパース図

関西リサイクルセンター

画像:設備例

地域の皆様や従業者に悪影響を与えないよう、竪型破砕機には振動対策として本体建物と異なる独立基礎構造(左)を、騒音対策として密着式ドックシェルター(右)などを導入しています

 リコーロジスティクスグループは10月1日から、関西リサイクルセンターを新規オープン。13日に開所式を実施しました。今後は、西日本、中部、北陸地区のリコーグループのリサイクル事業を手掛ける中心拠点として事業を展開していきます。

 関西リサイクルセンターは、リコーグループの持続可能な社会実現のコンセプトとして、製品のライフサイクル全体で環境負荷を減らしていく考え方を表した「コメットサークル」実現の一端を担う拠点で、使用済み複写機、複合機、トナーなどを集め、マテリアルリサイクルやリユース品として社会へ提供するために、同製品を素材ごとに分解、分別などを行います。従来から、同様のサービスを提供してきましたが、リサイクル事業の効率化や更なる環境経営推進のために、西日本を中心としたリサイクル事業を再編。この度、西日本のリサイクル事業を中心となって手掛ける新たな拠点としてオープンし、リコーグループ全体でより最適なリサイクル事業を提供していくことになりました。

 今後は、循環型社会を実現すべく、東日本のリサイクル事業を行うリコー環境事業開発センターと共に、西日本の中心拠点としてリコーグループの製品リサイクル事業を実施。
 同時に、リコーグループのリサイクル事業で培った人的・技術的ノウハウを活かし、グループ外のお客様の環境経営を支援していきます。

【関西リサイクルセンター概要】
住所:〒552-0013 大阪市港区福崎2丁目1番49号
TEL:06-7638-1680
延床面積:5,961m2