このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

お知らせ

JILS ロジスティクス大賞 奨励賞を受賞

2015年10月27日

画像:授賞式

授賞式の様子。(左から)ロジスティクス大賞選考委員会 委員長 圓川 隆夫様、リコーロジスティクス 執行役員 蛭間 博信。

 リコーロジスティクスは10月21日付けで、公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会(JILS)様が主催する第32回 ロジスティクス大賞で「奨励賞」を受賞しました。ロジスティクス大賞での受賞は、本回で5度目となります。

 ロジスティクス大賞は、ロジスティクスの社会的浸透と、ロジスティクス部門関係者の意識高揚を図ることを目的に創設され、企業で行われているロジスティクス高度化への取り組みと、その優れた実績を顕彰するものです。創造性、成果度、経営革新度、技術革新度、社会性、努力度の6つの評価基準で審査され、各分野で特別優れた企業が、最高賞「ロジスティクス大賞」、「業務改革賞」「奨励賞」、「環境賞」を授与されます。本年度は各賞1企業ずつが表彰されました。

 今回受賞したリコーロジスティクスのテーマは、「通販物流ネットワーク再構築による、物流センターオペレーションの技術革新と、物流ネットワーク全体最適化の実現」。オフィスサプライ通販商品、IT機器関連商材を扱う拠点である物流センター城南島(2014年7月31日に開設)が、「人・物」、「情報システム」、「立地」の点でBCP(事業継続計画)対策を強化させ、「止めない物流」をコンセプトに構築したことを内容としています。
 審査では、従来の物流センターで抱えていた諸課題の克服や、オフィスサプライ通販事業で培った経験を元に、ロジスティクステクノロジーとITを融合させ、受注から出荷までを最短15分で完了させる業務上、設備上の効率化を実現させたことが高く評価されました。

 リコーロジスティクスグループは、この度の受賞を励みとし、今後もロジスティクスという重要な社会基盤としての役割をたゆまず果たしていくと共に、物流業界を牽引する品質を提供し続けていきます。