このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

お知らせ

物流現場改善のリーダー「物流現場改善士」の称号取得

2016年1月28日

画像:会場の様子

 リコーロジスティクスグループ従業員3名が1月22日、公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会(JILS)様から、物流現場改善士の称号を授与。うち1名は、2015年度の物流現場改善士資格認定講座の合格者約70名の中でも、特に優秀な成績を収めたことが評価され、JILS様より特別に表彰を受けました。

 物流現場改善士は、同協会が開催する約5カ月間の養成講座を卒業し、物流現場の改善を実践するリーダーとして必要な知識と技術を習得した者に与えられる称号。現状把握、改善企画、改善実行、ならびに評価・定着の4つの力をベースとする「改善実践力」を習得し、物流現場改善を、データを活用して実践する、物流現場改善リーダーを育成していくものです。
 なお、リコーロジスティクスグループでは、これまで5名が同様の資格を保有し、今回で総勢8名の資格取得となりました。

 リコーロジスティクスグループは、物流業界の品質向上に寄与できるよう、2015年4月、5月に同協会が主催する全日本物流改善事例大会で事例発表を実施しました。今後も、従業員育成と物流現場改善を継続して行い、物流業界を牽引していけるような活動に取り組んでまいります。