このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

循環型エコ包装

リコーグループでは、梱包材/緩衝材の廃棄を削減するため、何度も繰り返し使える包装材「循環型エコ包装」の利用を進めています。

包装改革の推進

画像:エコ包装

リコーでの包装材削減導入への取り組み

リコーでは、1994年にダンボール資源を節約した「エコ包装」を導入するなど、包装材の削減に積極的に取り組んできました。
2001年には、何度も繰り返し使える樹脂製の包装材「循環型エコ包装」をはじめて市場に投入しました。

リサイクルからリユースへ

生産工場でのペットボトル有効活用事例

再資源化にもエネルギーが必要です。
東北リコーでは環境負荷を減らすため工場内で排出されるペットボトルを製品輸送時の包装材の緩衝部品として再利用しています。

画像:ペットボトルのリユース

循環型エコ包装の実現

リコーロジスティクスグループでの物流インフラサポート事例

リコーロジスティクスグループでは、『循環型エコ包装』を確実に回収するため、RFID技術を導入し、部材を一括管理しています。
各部材にICタグを取り付け、動脈〜静脈物流の一連の流れを管理し、確実な回収・再利用を実現しています。

画像:循環型エコ包装の実現
  • RFID技術とは『Radio Frequency IDentification』の略で、電波による自動認識技術の総称を言います。
    微小の無線チップ(ICタグ)を利用して、電波によって識別や管理をする仕組みです。

ご相談はこちらから

このサービスに関するお問い合わせメールを受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム